ベステラ株式会社

地球ベストの答えを。
私たちは、BESTERRAです。

ベステラについてABOUT US

企業理念

柔軟な発想と創造性、
それを活かした
技術力により
地球環境に貢献します。

創業

1974

東証新規上場

2015

創業以来、プラントの解体事業を中心に事業を展開してまいりました。
解体業界初の株式上場であり、業界のイメージアップの先駆けとなりました。

ベステラの社員について

  • 従業員数 74
  • 平均年齢 38.6
  • 解体未経験者
    &定着率

    90%以上
  • 勤続年数 4.7

積極的な採用を行っているため、
ここ数年で入社した社員が増加しています。
特に20代、30代の未経験者の割合が高いです。

解体について

事業と職種DIVISOIN & CATEGORY

プラント解体事業を中心に3つのサービスを展開しています。社員それぞれの専門性に応じて、様々な職種があります。

事業環境CIRCUMSTANCE

日本の解体市場は今後も加速度的に拡大すると推測されます。

今後30年間で建設後50年以上経過する施設の割合が加速度的に増加します。
プラントも同様に1960年代の高度成長期以降に建設された設備が急速に老朽化します。
さらに、経済的陳腐化、企業の再編、海外移転等により、解体・更新が増加します。

ESGに対する取り組み

会社の成長と、持続可能な社会の両立をはかるため、
Environment(環境)、Social(社会)、
Governance(企業統治)の3要素を重視した
経営を行っています。
特に人材に関しては、
「働きがいのある職場環境の整備」を
目標に掲げて、様々な取り組みを
進めています。

サステナビリティ

SDGsへの取組み

17原則をもとに、以下の4項目を実施します。

※持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを
誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,
日本としても積極的に取り組んでいます。
(外務省HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj
/gaiko/oda/sdgs/index.html

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

働きがいのある職場環境を整備します。

  1. ①社員一人ひとりが未来にやりがいと誇りを持てる会社を目指します。
  2. ②多様性を尊重し、社会保障等の環境の充実を図ります。
  3. ③能力を最大限発揮できる平等な教育環境の整備を進めます。

福利厚生の拡充を図り、所得補償保険制度、退職金制度、持株会、特別有給休暇、を導入しています。
当社の取り組みの詳細については、こちらをご覧ください。

福利厚生

社長メッセージMESSAGE

代表取締役社長 吉野 炳樹

建造プロセスを逆に辿らず、
新しい視点で解体を発想する

発想を実際の工事を通じて検証をおこない、
新たな技術・工法として確立し、更には特許工法という形で完成させる。
そこにこそ弊社の存在価値があり、
それが弊社の財産であると、私は考えます。